アイフル審査の申込み方法とは?

アイフル申込みの方法は?何が必要?

申込み基準を確認しよう

アイフルのキャッシングローンを利用できる人は、以下の条件を満たしている人になります。

  1. 年齢は満20歳以上から70歳未満(満70歳になった時点で新規融資は停止)
  2. 定期的な収入があること
  3. 返済能力があること
  4. アイフルの基準(詳細は不明)を満たす人

 

 

どうなっているの?アイフルの申込み資格!

アイフルの規定には、いくつか疑問があります。

 

通常、キャッシュカードやクレジットカードの申込み要件には年齢制限の項目に「満20歳以上(高校生を除く)または(学生を除く)」という補足が付いているのですが、アイフルの利用対象者にはその項目はありません。ですから、大学生や専門学校生でも審査に申し込めということになります

 

次に、他社の申込み要件には「日本国籍を有する方」「日本在住の方」「外国人は日本の永住権を取得していること」などの条件がつきます。なぜなら、返済トラブルなどがあった場合に借り手が海外に居住していたら追跡が困難になるからです。

 

これについても、アイフルには規定がありません。ですから、2浪や留年している満20歳の高校生もOKということなのでしょうか?

 

又、外国人旅行者やビジネスマンにも融資する資格があるということなのでしょうか?

 

審査に通るか否かは別にして、取りあえず規定には抵触していないので審査申込みは受け付けてもらえるのではないかと勝手に想像しております(^O^)

 

 

申込み方法は?

インターネットや電話、来店で申込み手続きが可能です。

 

インターネットの場合はアイフルのトップページから「事前にご融資可能か1秒診断」の欄に年齢、雇用形態、年収、他社借入金額を入力して「診断開始」をクリックします。1秒診断とありますが、クリックと同時に診断結果が表示されます。

 

いくつか弾かれるキーワードがあるようで、年齢だと「19歳未満」と「70歳以上」、雇用形態は「無職」と「専業主婦」をチョイスすると、即NGになります。

 

年齢、雇用形態をクリアすれば、年収50万円、他社借入金額200万円(この時点で総量規制オーバー)と入力しても、1秒診断はパス(というか保留)で仮審査に進めます。

 

1秒診断をスルーしたい人は、1秒診断コーナーの下までスクロールして「24時間OK今すぐお申込み」をクリックすれば、申込みフォーマットが開きます。

 

 

申込みに必要なもの

本人確認書類(運転免許証、各種保険証、住民基本台帳カード、パスポートなど)が必要になります。

 

又、引っ越しなどで、本人確認書類に記載されている住所が現住所と異なる場合は、公共料金(NTT、都市ガス、電気、水道、NHK)の領収書か住民票の写し、印鑑証明書等の利用者の住所と氏名が記載されている原本を合わせて提出します。

 

 

貸金業法で規定された書類

アイフルの利用限度額が50万円を超える場合や他社との借入総額が100万円を超える場合には、収入証明書(源泉徴収票、住民税決定通知書、確定申告書、給与明細書直近2ヵ月分)の提出が必要になります。

アイフル審査についてもっと詳しく!

アイフルの申込み方法と条件は?必要書類!【審査に何が必要?】
アイフルの申込み方法と条件は?必要書類!【審査に何が必要?】
アイフルの申込み方法と条件は?必要書類!【審査に何が必要?】
アイフルの申込み方法と条件は?必要書類!【審査に何が必要?】
アイフルの申込み方法と条件は?必要書類!【審査に何が必要?】