アイフルの審査は甘い?

アイフルの審査は厳しい?緩い?

口コミイメージ

人気が高い金融機関の評価ポイントは低金利、スピード審査、手数料が安いなどといったことが挙げられます。

 

しかし、消費者金融のアイフルの場合、総量規制が影響しているのでサービス内容で個性が出しにくく借入限度額に関しても、借り手によって左右されるので大きな要因にはなり得ないと思われます。

 

人気ランキング上位のデータを見比べてみてもいずれの金融機関も審査は最短30分、最大金利18.0%程度なのであまり差はありません。

 

そのようなことよりも、簡単に手続きが完了するかということや自動契約機があることや提携ATMが多いことのほうが評価されるポイントになっています。

 

そのほか、CMに起用されているタレントさんやCMから伝わってくるイメージも評価に大きな影響を与えていると言えるでしょう。

 

複数の消費者金融から借金をしている人のことを多重債務者と言ってどこからも融資をしてもらえない可能性があります。

 

冠婚葬祭が重なってしまったなど予定外の出費に、給料日までお金がないということがあると思います。

 

そんな時の強い味方がカードローンです!カードローンならネットから簡単に申し込みができ担保・保証人不要で手軽にお金を借り入れることができます。

 

一度カードローンを利用すると簡単に現金を手にすることができるので預金を引き出す感覚で、どんどん借りる人も多いようです。

 

すると、あっというまに限度額に達してしまうため他の金融業者に掛け持ちすることになりますから注意して下さい。

 

カードローンは審査によって個人に貸出限度枠が与えられその範囲の中で借り入れや返済を繰り返し行うことができるキャッシングローンです。

 

決まった日時に借入残高の利息が計算されて月の返済日に引き落としをされる約定返済というのが基本的な返済方法です。

 

引き落される金額は残高によってランク分けされることになりその金額の範囲内で利子を引いた後の金額が元本の返済に充てられるという仕組みです。

 

そのため、利息の計算日までにできるだけ元本を少なくしておくことが利子を減らす有効な方法となります。

 

返済する方法として約定返済以外に繰り上げ返済と言う方法があり繰り上げ返済はまとめて返済することで効率良く元本を減らすことができますので積極的に利用しましょう。

 

お金を借りることができる金融機関には銀行の他にも、消費者金融やクレジットカードなどがあります。

 

昔は銀行からお金を借りるためには複雑な手続きが必要で融資までに時間がかかりましたが金融機関はお金を貸して利子を付けて返済してもらう事で利益を上げています。

 

消費者金融と銀行の金利を比較してみると消費者金融のアイフルの金利の方が高ことが一般的です。

 

ただし、中には消費者金融よりも金利が高く設定されている銀行カードローンもありますのであながち消費者金融のアイフルのほうが高金利であるとは言い切れません。

 

近頃の消費者金融はCMなどを見てもとてもクリーンなイメージがありますが一昔前まではサラ金や街金と呼ばれ裏稼業という感じの怖い業種でした。

 

その頃はバブル経済で金銭感覚がマヒした人たちが多く容易にお金を用立ててくれるサラ金や街金で借金を繰り返していきました。

 

借り入れたお金には利息をつけて返済する義務があるのですが気軽に借金する人ほど目先の事しか考えていませんので返済できるわけがありません。

 

一方で、サラ金や街金は返済してもらわないと損益が出てしまいますので一昔前のドラマでみるようなかなり暴力的な手段での取り立てが実際に行われていました。

 

今は法律が整備されたことにより乱暴な取り立ては禁止されていますので以前のように怖い人が自宅まで押しかけてきて借金を取り立てるようなことはありません。

 

お金を借りる方法としてカードローンがありますが銀行が融資してくれるものと消費者金融が融資してくれるものと2種類があります。

 

銀行カードローンは金利が低く、貸出限度額が大きいのですがその分、審査が厳しくなっているので、属性が高い人におすすめのカードローンです。

 

消費者金融のアイフルのキャッシングはというと金利が高め、最大貸出限度額も低く、借りる人の収入や借入れ状況によっても限度額に差がでます。

 

そのため、消費者金融のアイフルの方が銀行よりも不利と言えますが、消費者金融のアイフルのキャッシングの方が比較的審査に通りやすいので属性に自信が無い方にもおすすめです。

 

審査から結果の通知も早く、即日融資も可能なのでとにかく急いでお金が必要!という方にとてもおすすめです。

 

消費者金融は貸金業と言う法律で規制されていますから銀行法とは異なります。

 

金融業において貸金業法と銀行法の一番大きな違いは貸金業法には総量規制と呼ばれる融資金額のリミットがあることです。

 

総量規制は、年収の3分の1を超える融資を不可とするものでこの規制により、利用者の借り過ぎに歯止めをかける効果を目的としています。

 

従って、収入が0の専業主婦たちは消費者金融に借り入れを申し込んでも仮審査の段階で却下されてしまいます。

 

一方、銀行は銀行法によって規制されていますから総量規制なしなので、専業主婦でも利用することができます。

 

消費者金融のアイフルの借入れ条件やデータというものはランキングサイトを見れば一覧できます。

 

消費者金融ごとにまとめてくれているサイトもあれば一覧表で見やすくしてくれているランキングサイトもあります。

 

各消費者金融についておすすめポイントなどを記載し紹介しているサイトもあるので消費者金融に詳しくない人でも、簡単に比較や選択することができます。

 

更に公式サイトへのリンクを貼っているサイトもありますからランキングサイトを見てすぐに手続きをすることができます。

 

又、一覧サイトの中には、申し込み時の記入方法や審査をクリアするためのコツなどが記載されていることもありますよ。

 

収入面はローンできる額がいくらまでになるかや返済能力があるのか、信用情報は期日通りに返済してもらえるのかを見ています。